BLOG

ブログ

サブスク備忘録

gucci
gucci

何に入っていたっけ?

近年、有料サービスのほとんどでサブスク(サブスクリプション)が浸透してきました。
Netflixなどの動画配信、iCloudのようなパーソナルオンラインストレージ、私たちデザイン制作の現場でも使用するアプリケーションやフォントのライセンスソフトウェアも従来のCDやDVDのメディア販売から、インターネット経由のアクティベーションでのサブスクに変化しました。

おさらいとしてサブスクとはどういうものなのか?こんな説明がありました。

サブスクリプションとは、商品の購入代金やサービスの利用料を毎回請求するのではなく、一定期間利用することができる権利に対して料金を請求するビジネスモデルです。
(中略)
永続的にソフトウェアを利用できるライセンスを購入する従来の形式に比べ、安価にソフトウェアを使い始められること、短期間だけ利用する場合であればライセンスを購入するよりも安価であること、また企業で利用する場合にはライセンスを資産として計上する必要がないことなどがメリットです。
— ICT Business Online TOP  意外と知らない?ITトレンド用語より

ほうほう、ソフトウェアに関しては売り手にも目に見えるメリットがあるんですね。

アプリなんかのサブスクはiPhoneを使ってる方だとApple IDに紐付けられているので、今支払いが発生しているサブスクを調べるときは「設定」から「サブスクリプション」の項目を見ます。

iPhoneサブスク確認

Apple のサブスクリプションを解約する方法
より引用

 

自分のiPhoneで調べてみると、、、

あれ??Spotifyがない?Apple TV+??

現在サブスクしてるはずのアプリ

これらがここに表示されなかった理由とは?
Spotifyは携帯キャリアのまとめ払い、Amazon PrimeはAmazonのサイトでカード支払いということでした。
アプリ内課金のサブスクがここに表示されるみたいです。
なんか他にも忘れてそうなものがありそうで。。。ずっと払い続けることになるのは避けたい、まとめなければ。。。

ちなみに Apple TV+ はAppleが展開するビデオオンデマンドサービスで、iPhoneを購入した時に1年間無料期間が付いていたものでした。私と同じくApple TV+が付いていたけど見ないよ!って方はサブスクの解除をお忘れなく!

Apple TV plus

gucci